PARTS BY COMMOC

Parts-by-commoc

PRODUCTS 2014

15262023_001

MAKANAI Parts
Designed by KEIJI ASHIZAWA

昔寿司屋でバイトしていた友人がみるみる体重を増やし、寿司がうま
すぎたに違いないと思った。実際は「まかないがおいしくて」という話
だった。かつて家具金物屋で仕事をしていたとき、アトリエにはさま
ざまなサイズの鉄骨部材や、端材が壁に立てかけてあった。アトリエ
の改装時にはそうした端材は扉の取手となり、ハンドルとなり、フック
となった。それらはどこか素朴な、魅力的なパーツに化けた。寿司屋
のまかないがおいしい理由といっしょなんだろうと思った。
今回の金物パーツシリーズは、当時のアトリエ同様に事務所に様々
な鉄部品を取り寄せ、素材に触れながらデザインしたものである。そ
こにある材料で、かつてのアトリエで作ったパーツのように、余計な
デザインをせず、通常であればするべき繕いもしなかった。これを“ま
かないデザイン”と呼ぶことにした。今回のパーツは“まかないパーツ”
である。まかないが実はおいしいように、まかないパーツがある種の
美しさをつくりだせるといいなと思っている。

There was a friend who used to work in a sushi restaurant as part-time. I doubted the sushi must have been very delicious because he was putting weight day by day. Actually, it was not sushi, but the restaurant staff meals, “MAKANAI” in Japanese. MAKANAI meals are made by leftover ingredients and foods from the customer orders. Those often create better meals than anything else.
I saw many leftover materials in the furniture hardware shop when I was working there. Those materials were recycled and turned into new-born-look handles or hooks. Then they were fitted beautifully and naturally into the renovated space. The leftover furniture parts could have the same nature as the food leftover for MAKANAI meals, I thought.
I have created this hardware parts series like the hardware shop did, playing around many parts, but not heavily designed and touched up.
I call this “MAKANAI Design,” and the parts are MAKANAI parts.
As MAKANAI meals are more delicious than anything, I believe MAKANAI parts will be able to create another unique world as well.

15262023_001

MDF Series
Designed by TAIJI FUJIMORI

木材を繊維状にほぐして成形した“MDF”という板材を、積層して塊
にし、さらに削り出して作ったディスプレイパーツです。まるで“石こ
ろ”のような形のパーツは、積層したラインがそのまま表面に現れ独
特な表情を見せます。また、裏面にはポケット状の窪みがあり、取付
部分はマグネットになっています。マグネットが効く場所に取付ける
と、垂直面に小さな“ポケット”が出来上がります。カードや小物を差
し込んだり、複数使えば少し大きめのパンフレットなどもディスプレイ
できます。ささやかな機能と共にインテリアにユニークな表情をもた
らす小さなオブジェです。
このディスプレイパーツは、MDF Seriesとして他にもいくつかのアイ
テムを展開していく予定です。

This is the display parts made with “MDF.”
MDF is a material made from the layers of thin wooden fibers.
The lines of layers become a design on this “pebble” like unique shape.
It has a pocket at the back and is attached by a magnet; there will be a pocket once it is attached to the wall.
The cards or small items can be stored, and brochures could be displayed by using a few MDF pockets.
This small object provides you a unique decoration and function in your room.
There will be more items coming up as MDF Series in the future.

15262023_001

Wall Clock
Designed by SHIGEICHIRO TAKEUCHI

厚みのあるアッシュ材を使用した壁掛け時計です。
無垢材から削り出して作った文字盤は、38mmもの厚みがあるため、
シンプルなデザインながらも暖かみがあり、とても存在感があります。

目盛りのデザインは最小限に抑え、アッシュ材独特の清潔感のある白い木肌と、
美しい木目の表情を楽しんでもらえるようにしました。
表面から側面、裏面にまで続く柔らかな曲面が、フォルム全体に立体感をもたらし、
壁からフワッと浮き上がっている様な佇まいが特徴です。
木が持つ上品でナチュラルな雰囲気を活かした、空間にアクセントを与えるオブジェのような壁掛け時計です。

“Wall Clock” – A New Product from Parts by COMMOC,
A wall clock made with ash wood
The dial plate elaborated from 38 mm-thick piece of wood is
simple yet having a warm atmosphere.
Minimized the design as simple as possible
to maximize the character of wood material,
refreshing white color and natural grain pattern on the surface.
The beautiful curve continued from surface, side and then to back
creates a natural three-dimensional impression,
where the clock looks outstanding from the wall.
It is rather a object with sophisticated atmosphere to be a key in your room.

PriceList